【神秘の豪邸】ポンペイ遺跡 秘儀荘の見どころは壁画!

ゆうどう

新婚旅行をイタリアにしたら、人生最高の一週間を過ごしたうえに思わぬ方向に人生が変わってしまった話

スポンサーリンク

ポンペイの北西にある「秘儀荘」

 

海岸に面した場所に建っている

その豪邸は、実は紀元前2世紀までは

それほど大きな家ではありませんでした。

 

いったい改築されたのはなぜなのか。

その豪邸には何があるのか。

 

イタリアに行く前に調べてある程度

知っておかないと、「秘儀荘」の神秘性

半分も楽しめずに帰国することに

なりかねないでしょう。

 

そのため、少し秘儀荘について

確認してみましょう(▼∀▼)ニヤリッ

 

秘儀荘は壁画が有名!

 

秘儀荘には「ディオニソスの儀式」

と言われる壁画が描かれていること

で非常に有名です。

 

ディオニソスはギリシャ神話の神で

豊穣の神とされています。

 

この「ディオニソスの儀式」は当時、

ポンペイ近郊で流行していた

ディオニュソス信仰に関する

秘密の儀式で、当時ディオニュソス信仰は

ローマ元老院によって

弾圧されていたそうです。

 

なぜ弾圧されていた?

 

なぜ弾圧されていたのかというと、

ディオニュソス信仰は、社会的な

法や理性といった束縛から

自分を解き放ち自由になろう

という考え方で個人的な思想を

促すものだったからです。

 

そういった弾圧から逃れながら、

秘儀荘の主人はこの町から離れた

建物の壁に秘儀を描いて、

信仰を唱え続けたのです。

スポンサーリンク

壁画のサイズと「ポンペイ・レッド」

秘儀荘1

壁画は赤色を背景等身大の人物絵

総勢29人分、描かれています。

 

この赤はいわゆる「ポンペイ・レッド」

と呼ばれるもので、単純な絵の具の色と

いうわけではありません。

 

「ポンペイ・レッド」は変色だった!?

 

火山噴火以前は黄色い壁であったものが

ヴェスヴィオ火山の噴火と噴出ガス

によって赤色に変色したものと

考えられています。

 

辛い災害の爪痕ですが、

このように美しい芸術のあとを

残すこともあるようです。

 

1日で観光するのが難しいのがポンペイ

 

ポンペイ遺跡に関しては、

古代の都市ということもあり

敷地の広さがやはり広大です。

 

外国の初めて訪れる地で、

迷いなく行きたいところまで

すぐにたどり着けるかというと

難しい部分もあるでしょうし、

そう考えるとやはり事前の勉強

無理のない観光プランを事前に

考えておくのがおススメですね。

 

例えば、ポンペイのなかでも、

遊郭と犬の床絵は絶対見たいけど、

コロシアムは時間が掛かりそうだから

諦める、など興味のあるところから

見学出来れば良いのかなと思います!

 

【妊活夫婦は必見!】新婚旅行中に妊娠しやすい3つの理由

 

【こちらの記事も読まれています!】

スポンサーリンク

ゆうどうう1

イタリアへの必需品はこちらをチェック!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ