イタリア ピザ 本場はやっぱり違う?日本との違いは?

ゆうどう

新婚旅行をイタリアにしたら、人生最高の一週間を過ごしたうえに思わぬ方向に人生が変わってしまった話

スポンサーリンク

現在、日本には非常にたくさんの

イタリア料理店が存在します。

 

ピザもランチや夕食などに気軽に

食べにいくことができますが、

しっかり食べるとなると、

一枚1500-2000円かかることもあります。

 

またシーフードピザやトマトソースピザなど

種類も豊富でいつも迷ってしまいますが、

はたしてイタリアでも同じようなピザが

売っているのでしょうか?

 

今回はイタリアと日本のピザの

違いについてご紹介します。

 

日本のピザとは値段設定が違う

20151105125525

イタリアのピザは平均的な値段が

約5から10ユーロ(600~1200円)

されています。

 

日本の宅配ピザが

一枚2000円前後することを

考えるとこれは非常に安いです。

 

なぜこんなことができるのか。

 

その理由の一つに原材料の

仕入の違いが挙げられます。

 

イタリアはピザに欠かすことができない

小麦粉やチーズの原産地なので、

それを安く仕入れることができます。

 

それにより原価が日本より多少安く

済ませることができます。

 

そのため多少有利になっているのです。

スポンサーリンク

イタリアのピザは具が少ない

 

イタリアのピザは、ピザに

トッピングされる具の量が非常に

少ないことも特徴といえます。

 

イタリアでは熟練の職人が作る

「生地自体のおいしさ」を味わいたい

と考える人が多いといわれています。

 

そのため、いろいろな具が

のったものは一般的に好まれません。

 

日本のようにチーズや野菜、

魚介類などが豊富に含まれている

ピザは、本場では「カルツォーネ」

呼ばれ、いわゆるアメリカ系の

ピザとして認識されます。

 

こういった点も本場ピザとの違いといえます。

 

ちなみに、イタリアのピザは日本のものに

比べてボリュームがあります。

 

基本的に何人かで分けて食べるわけでも

ないので、それだけでお腹がいっぱいに

なるというわけなのですが、

日本のピザの良い所と、イタリアピザの

良い所を比べてみるというのも

おもしろいかもしれませんね(*・∀-)b

 

【妊活夫婦は必見!】新婚旅行中に妊娠しやすい3つの理由

 

【こちらの記事も読まれています!】

スポンサーリンク

ゆうどうう1

イタリアへの必需品はこちらをチェック!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ