ローマ コロッセオ 工事完了で今なら白く巨大な姿が見られる!

ゆうどう

新婚旅行をイタリアにしたら、人生最高の一週間を過ごしたうえに思わぬ方向に人生が変わってしまった話

スポンサーリンク

ローマに行ったら絶対訪れて

見たいところ、コロッセオ

 

でも、2011年から外壁の

修復工事が始まりました・・・。

 

が、しかし!

 

やっと修復工事が終了しました~!

 

この修復工事で2000年の時を超え

かつての外壁の色がよみがえりました。

 

2016年2月6日で完了したので

今なら出来立てに近いですよ。

 

白い美しい巨大なコロッセオ

見られるのですから、早いところ

その姿を見たいですよね。

 

実は、ローマではいろいろな

名所旧跡が修復工事をしています。

 

工事状況についてご紹介しましょう。

 

コロッセオの修復状況

c22f57e76b255114a0912832bc9d4995_s

ローマ当局はコロッセオの修復に

アメリカ、日本をはじめ海外に

費用を持ってくれるスポンサー

を探しました。

 

イタリアの遺跡はイタリア人が!

手を挙げたのがイタリアの

有名ブランド、トッズ

 

負担した費用は3300万ドル。

 

日本円で27億4000万円

 

とんでもない金額ですが、

世界的にも有名な場所なので

白い巨大なコロッセオを見に

これからたくさんの観光客が

訪れることでしょうね!

 

トレビの泉の工事修復状況

 

修復に220万ユーロが投じられ、

2015年11月3日修復が完了しました。

 

その費用を負担したのがフェンディ

 

汚れもすっかり落とし、きれいに

変身したトレビの泉を楽しみましょう。

 

フェンディはクアトロ・フォンターネ

の修復にも修復費用を負担しています。

 

こちらも32万ユーロの負担。

スポンサーリンク

スペイン広場のスペイン階段

 

2015年10月7日から

修復工事が始まりました。

 

こちらはブルガリが費用負担。

 

その金額1500万ユーロ

 

日本円で約21億円だそうです。

 

なんだか、一流サッカー選手の

移籍金みたいですよね(´∀`;A

 

スペイン広場に続くコンドットティ通り

にはブルガリの本店があります。

 

ローマに拠点を置く有名老舗ブランド

がこうした歴史的建造物を積極的に

修復を進めるというのはブランドの

プライドと品格なのでしょうね。

 

ウフィツィ美術館

 

フィレンツェのウフィツィ美術館

展示室の改修はフェラガモ

60万ユーロを寄付しています。

 

美しい伝統を老舗ブランドが守る!

 

そういう、イタリア人の心意気が

感じられますね。

 

基本的にイタリア人は

古いものが大好きです。

 

古いものを美しいと感じる

イタリア人の国民性こそ、

これほどの歴史的建造物を

長い間守ってこれたんでしょうね!

 

【妊活夫婦は必見!】新婚旅行中に妊娠しやすい3つの理由

 

【こちらの記事も読まれています!】

スポンサーリンク

ゆうどうう1

イタリアへの必需品はこちらをチェック!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ