ベローナのコロッセオはローマのよりも古かった?現在はオペラの会場に!

ゆうどう

新婚旅行をイタリアにしたら、人生最高の一週間を過ごしたうえに思わぬ方向に人生が変わってしまった話

スポンサーリンク

イタリアのコロッセオ、

ローマにもベローナにもあります。

 

さて、この2つ、

どちらが古いのでしょう?

 

まずは2つのコロッセオを

比較してみましょう(▼∀▼)ニヤリッ

 

ベローナのコロッセオの詳細

P1010128

アレーナ・ディ・ヴェローナ

Arena di Verona

 

紀元前の古代ローマ時代の遺跡です。

 

ローマ帝国初代皇帝アウグストゥス

の時代ですから紀元前27年から

紀元14年の間、または紀元30年頃

完成したとされています。

 

楕円型で長径は139メートル

短径は110メートル

収容人数は約25,000人

 

1117年に地震があり、

かなりの部分が崩れてしまいました。

 

市民からはアレーナの呼び名で

親しまれています。

 

ローマのコロッセオと比べると、

非常に綺麗な状態であったのも

印象的でした。

 

ローマのコロッセオの詳細

P1000694

建設当時はフラウィウス円形闘技場

Amphitheatrum Flavium

と呼ばれていました。

 

建設はローマ帝国

ウェスパシアヌス帝の時、

紀元70年に開始しました。

 

ティトゥス帝の紀元80年に

落成しました。

 

これでわかりましたね。

正解はベローナの

アレーナの方が古い!でした。

 

楕円型で長径は188メートル

短径は156メートル

収容人数は約50,000人

 

規模では圧倒的にローマの

コロッセオの方が大きいことが

わかります。

 

優れているのは構造にローマン・

コンクリートを使用しているのですが

これは火山灰を使ったコンクリートで

鉄骨を使わずに建てたにも関わらず

何度も地震にあっているのに

崩壊しなかったのです。

 

これは全体が力学的に

安定していた証拠です。

スポンサーリンク

剣闘士グラディエーターの残忍な戦いの歴史

 

コロッセオはともに、

ローマ帝国時代は

残忍な戦いが毎日のように

催されてきました。

 

剣闘士と剣闘士同士の戦いや

剣闘士と野獣の戦いなど、

映画でも取り上げられてきました。

 

特に「コロッセオ開幕100日間」

特に残忍で、朝から晩まで毎日の

猛獣と剣闘士の戦いや、公開処刑、

剣闘士の試合などが

繰り広げられました。

 

なんと100日間で殺された猛獣や

動物は9000頭にも及んだとか。

 

剣闘士は3000人が命を落とした

と伝えられています。

 

そして、真っ白に輝くコロッセオは

この100日間で流血により真っ赤に

染まってしまったといわれています。

 

こんな歴史があったので当然かも

しれませんが、いろいろな幽霊話

もあるそうですよ(>_<)

 

・・・個人的にはなかなか

興味のある話題では

あるのですがね(笑)

 

ベローナのアレーナはオペラ会場としても使用されている

 

現在のローマのコロッセオでは

死刑廃止のイベントが行われたり、

ベローナのアレーナでは

オペラの祭典が催されたりして

平和への活動に使われている

ことがとても印象的です。

 

イタリアを訪れる際は、是非2つの

コロッセオを訪れてみてください!

 

【妊活夫婦は必見!】新婚旅行中に妊娠しやすい3つの理由

 

【こちらの記事も読まれています!】

スポンサーリンク

ゆうどうう1

イタリアへの必需品はこちらをチェック!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ