ミラノのドゥオモはステンドグラスが大迫力!

ゆうどう

新婚旅行をイタリアにしたら、人生最高の一週間を過ごしたうえに思わぬ方向に人生が変わってしまった話

スポンサーリンク

ミラノに行くなら必ず足を運んで

欲しいのがミラノのドゥオモ

 

地下鉄ドゥオモ駅でおりて

階段を上がるとドゥオモ広場に出ます。

 

その先にずっしりと構えている

壮大な白いゴシック建築の建物

それがミラノのドゥオモです。

 

広場には観光客がたくさん!

ちなみにワールドカップなどでは

パブリックビューイングで何万人も

集まるんだそうな!!!!!!(゚ロ゚屮)屮

 

ドゥオモとはいったいなに?

ミラノドゥオモ

ドゥオモというのは大聖堂の事です。

 

「ミラノのドゥオモ」というからには

もちろん他に「ナポリのドゥオモ」

「ピサのドゥオモ」などいろんな所に

ドゥオモがあります。

 

ちなみにイタリア語では

Duomo di Milanoと書きます。

 

かっこいいですねww

 

建設には何世紀もの時間が掛けられている

 

ミラノのドゥオモ、

着工したのは1386年

 

それから約600年もの時を経て

1960年に最後の西正面部が

完成しました。

 

600年もかけて造ったからか、

いつもどこかしら修復を

しているんです。

 

これだけの時間をかけて造ったもの

ですから、寿命を迎える場所や

修復が必要なところが順次出てきても

不思議ではないですよね。

 

ということは、これかもずーっと

どこかは工事中・・・。

 

ということなのでしょう(´∀`;A

スポンサーリンク

無数の尖塔と聖人像

 

ドゥオモはゴシック建築の特徴

でもあるたくさんの尖塔があります。

 

その数なんと135

 

その先端にはそれぞれ

聖人が立っています。

 

なんとすべて1体ずつ。

同じ物が無いのです。

 

ちなみに最も高い尖塔は

108.5メートルで、

その先端には4.2メートル

黄金の聖マリア像が立っています!

 

昔は、この高さより高い建物を

建ててはいけないことに

なっていたそうです。

 

至る所に聖人像の装飾がある

 

尖塔や屋根、柱など至る所に

聖人像の装飾があります。

 

その数、なんと3500体近く!

 

あの明るく大らかなイタリア人が

こんなに精緻な像をつくるとは

いかに信仰には熱心だったかが

うかがえます。

 

あるイタリア在住の日本人の

言葉を思い出します。

 

「イタリアの人たちは明るく大らか。

いつもアモーレと言いながら恋を

楽しみ、美味しい食を求め、

休みを楽しんでいるばかりで

いい加減なのかと思っていたら、

いざ自分の分野に入ったとたん

頑固で一切妥協しない」と。

 

それがイタリアの職人気質

という事なのでしょうね。

 

何百、何千人もの職人の手によって

精魂込めて造られた大聖堂。

 

今日の人々の胸を打たないわけは

ないですよね(*´∀`)/

 

ステンドグラスが大迫力

ドゥオモの中に足を踏み入れると

誰もが息をのみます。

 

美しく、鮮やかで繊細な

ステンドグラスがまさしく

神々しい光をたずさえて

目に飛び込んでくるのです。

 

聖堂内のオルガンの響きが

光と一緒になって、この世の

ものとは思えない美しさです。

 

ステンドグラスに描かれているのは

新約聖書旧約聖書黙示録などからの

もので、イエス・キリストの行ったこと、

聖マリアや聖人たちにまつわる

お話です。

 

ガラスで造られたものとは思えない

ほど緻密で、活き活きとしています。

 

光をたずさえたステンドガラスだから

こそ、こんなに神秘的で

神聖なものに感じるのでしょう。

 

近代でつくられたステンドグラスには

モダンアートのようなものもあります。

 

面白いのはモダンであるにも

かかわらず、なぜか素朴なもの

だったりするものもあります。

 

この造られた作風の変化はまさに

5世紀以上にわたる歳月が

もたらした変化で、その時間の

流れをも実感することができます。

 

ステンドグラスの導入

 

今でこそドゥオモのステンドグラスは

ドゥオモの象徴の一つとなっています

1397年当時は単なる色ガラスを

窓につけることになっていました。

 

しかし1403年にステンドグラスを

窓に施すことになりました。

 

もし、その時にステンドグラスを

採用していなかったら、

これほどまで多くの人の

感動を呼ばなかったかもしれませんね。

 

ステンドグラスから降ってくる

優しい光はイエスの優しさをも

再現しているのでしょう。

 

ドゥオモ近くのショッピングモール

 

ドゥオモの周りにはガレリアという

歴史あるショッピングモールがあり、

美味しい食事ができる場所もあります。

 

さらにガレリアを通り抜けると

オペラ劇場の最高峰である

ミラノスカラ座があります。

 

ドゥオモを見学した後、

ガレリアで食事を楽しみ、

ジェラートを片手にガレリアを散策。

夜はスカラ座で優雅に音楽を愉しむ!

 

それもミラノらしい

旅の楽しみ方かもしれません(*・∀-)b

 

【妊活夫婦は必見!】新婚旅行中に妊娠しやすい3つの理由

 

【こちらの記事も読まれています!】

スポンサーリンク

ゆうどうう1

イタリアへの必需品はこちらをチェック!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ