【まさに圧巻!】バチカン美術館は芸術に疎い僕でも楽しめた!

ゆうどう

新婚旅行をイタリアにしたら、人生最高の一週間を過ごしたうえに思わぬ方向に人生が変わってしまった話

スポンサーリンク

イタリア2日目の朝は

6時頃に起床しました。

 

前日の失敗もあったので、この日は

早めに準備してバイキングに

すぐ向かうことにしました。

 

朝食って大事ですからね(笑)

 

この日は好きなメニューを

選び放題でした(*・∀-)b
その後、ホテルから

約30分ほどバチカンへ到着しました。

 

世界一小さな国として有名なバチカン市国

 

バチカン市国といえば世界一小さな国

としても有名ですが、人口がとても

少ないことにも驚きました。

 

なんと、およそ500人くらいしか

いないのだとかw!!!!!!(゚ロ゚屮)屮

 

まぁ、住人は宗教活動

特化されるようなので、

選ばれた人達なんでしょうが(´∀`;A

 

バチカン美術館は入口の行列がやばい・・・。

742876e9-e08c-45fe-90eb-6d8b81636df7

バチカン美術館前まで歩いて

進んでいくと、まず驚いたのが

朝早くから大勢の人達が

行列に並んでいたということです。

(写真は入口ではないのですが_| ̄|○)

 

僕達は予約をしていたので

すぐに入場することが

出来たのですが、手荷物検査なども

すごく厳密にチェックしていたのが

印象的でした。

 

ちなみに、肌があまりにも

露出している格好で行くと

入場拒否されることがあるよう

なので注意ですね。

スポンサーリンク

入場して最初に行ったのは?

53e47468-1977-4341-8ff6-054c0016c715

入場して最初にガイドさんに

連れて行かれたのは、中庭でした。

 

ここで、3枚のパネルを使って、

システィーナ礼拝堂の説明を受けます。

 

システィーナ礼拝堂ではガイドや

写真撮影は禁止されているため

パネルを使った説明になります。

 

この説明なんですが、聞いていて

めちゃくちゃ楽しかったんですよね。

 

今まで、正直「最後の審判」

「最後の晩餐」などの有名な絵は

知っていても、その背景や、

意味などは全然知らなかったので

ガイドさんの説明にはすごく

聞き入ってしまいました。

 

入場するとどこも圧巻!

39865002-32fe-4d02-a33d-fc7027c39857

ガイドさんに連れられるまま

歩いたため、詳しい経路などは

覚えていないのですが(笑)

 

どこもかしこも、圧巻でした。

 

特に地図のギャラリーでは、

16世紀にこんな正確な地図が

描けたのか!ってくらいの絵で、

ラファエロの最高傑作と

言われている署名の間など

(後で名前を調べたw)見るもの

すべてが感動ものでした。

 

ここは本当に行けてよかった。

 

芸術に疎い僕ですが、

イタリアの歴史を少しでも知れたようで

すごく良い経験をしたと感じました。

 

その後、サンピエトロ大聖堂へ

 

サン・ピエトロ大聖堂

これも運がよかったのだが、

聖年の扉を通ることが出来た。

 

なんでも2015年12月8日から

2016年11月20日まで

特別聖年ということで

通れるみたいですね。

 

ちなみに本来なら25年に

一回きりだそうです。

 

・・・運良すぎでしょw

 

ガイドさんは前回通るのに

二時間待ちだったという

聖なる扉。

 

ここも神聖な雰囲気で

心が洗われるような気分になります(笑)

 

作品はミケランジェロの

最初の彫刻が見れました。
ガイドさんの話によると

ザビエルの遺体もあったらしいのだが

発見できずΣ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

 

見るところ全てが新鮮で綺麗で

ここでは写真を撮りまくりました♪

 

【妊活夫婦は必見!】新婚旅行中に妊娠しやすい3つの理由

 

【こちらの記事も読まれています!】

スポンサーリンク

ゆうどうう1

イタリアへの必需品はこちらをチェック!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ