イタリア 青の洞窟 冬に入れる確率は?

ゆうどう

新婚旅行をイタリアにしたら、人生最高の一週間を過ごしたうえに思わぬ方向に人生が変わってしまった話

スポンサーリンク

青の洞窟が最も最適な時期は、

夏の6月から8月がベストです。

 

それは、以前のコチラの記事でも

お伝えしたことなのですが、

 

 

それでは冬に行くのはダメなの?

 

もちろん冬に行っても大丈夫です!

 

冬に青の洞窟に行くメリットは?

青の洞窟冬

冬だと海中が曇ってしまう原因となる

プランクトンの数が減少するため

海水の透明度が一段と上がり

とても美しい輝きを見せてくれます。

 

また大抵の人が夏の時期を選ぶため

冬は観光客が少ない利点もあります。

 

強い日光に当たる心配もないですし

混雑した人込みの中を歩く必要も

ないのは非常に良い部分ですよね。

 

冬には冬の長所が十分にあると

言えるかと思います(*・∀-)b

 

冬の青の洞窟はなかなか入れない

 

しかし、夏の時期と比べ冬の観光客が

少ないのにはやっぱり理由があって、

冬の季節は入洞できる確率が

夏に比べてとても低いのが難点です。

 

というのも冬の時期の観光は

気を付けなければならないことが

たくさんあります。

スポンサーリンク

冬に観光する際に必ずチェックしたいこと

 

まず必ず天気の良い日を選びます。

 

青の洞窟は私たちが思っているよりも

入口が大変狭くなっている洞窟

入洞できるかどうかは

波の高さに影響されてしまいます。

 

カプリ島の冬は地中海性気候により

暖かい温度で雨の多い気候

なるようです。

 

そのため気温が9度近くまで下がる

うえに、一年を通じて最も

降水量の多い季節となるため、

降雨により波高が高まり、

せっかく洞窟前に時間をかけて来ても

入れないということがあるそうです。

 

せっかく行って入れないというのは

非常にもったいないですからね。

 

観光日には大変注意することが

肝心です(´∀`;A

 

冬の青の洞窟には入れたら超ラッキー!

 

しかしもし冬の季節にイタリアに行き

運よく天気が晴れていたとしたら

ものすごく幸運なことだと思います。

 

そしてもしタイミング良く洞窟の中に

入れることができたとしたら

おそらく一生の記憶に残る思い出

なることでしょう(*´∀`)/

 

入れる可能性は大変低いですが、

行ってみる価値はあると思いますよ!

 

【妊活夫婦は必見!】新婚旅行中に妊娠しやすい3つの理由

 

【こちらの記事も読まれています!】

スポンサーリンク

ゆうどうう1

イタリアへの必需品はこちらをチェック!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ